回収屋さんドットコム|お引っ越しや、自宅の建て替えの際に出る不用品や粗大ごみ回収、遺品整理など幅広く対応しております。岡山県全域対応で1,500件以上の実績があり、出張&お見積り無料で対応させていただいていますのでお気軽にお問い合わせください。

【アウトドアグッズ】ブームが終わる前に処分を!

【アウトドアグッズ】ブームが終わる前に処分を!

 

テントにバーベキューグリル・シュラフなどブームに乗ってアウトドアグッズを買いそろえたという方は多いのではないでしょうか?

でも自然の中でのキャンプは大変なこと‥

・子どもたちがすぐに飽きてしまった
・自分たちはアウトドアはあまり得意ではないと改めて認識した

なんて方も多いはずです。
しかし、そのまま物置にしまっておくには、テントもグリルも大きすぎます。
ぜひ早めに決断して、処分することをおすすめします。

まだまだ続くアウトドアブームのうちに処分を!

 

アウトドアグッズを処分するのに、早ければ早いに越したことがないと思うのは、現在もまだ続いているアウトドアブームに乗ってほしいからです。

一度か二度試しただけというアウトドアグッズの数々、いずれも新品同様の輝きを残してはいませんか?
箱や取扱説明書もきちんと残っていたりしませんか?

 

そんな場合にオススメなのは、買取業者に依頼すること、あるいはフリマやネットオークションで売るのも良い方法です。
中古品と言えど、状態が良かったり、人気のメーカーの商品であれば、それなりの価格で売れることもあります。


せっかく買ったのに、きれいなままで物置に入れてしまうのはもったいないですよね。
当然ながら、それを捨ててしまうなんて心が痛みます。
新しい持ち主の手に渡って、また使ってもらえる、また自分にも多少なりお金が戻ってくるなら良い方法かと思います。

 

捨てる場合は、ほとんどが「粗大ごみ」になる

 

とはいえ、しっかり使って年季の入ったキャンプ用品の場合は売ることは難しいでしょう。

アウトドアグッズと言われて思い浮かぶもの‥
テントにチェア・テーブル・バーベキューグリルといずれも大きく、素材も金属やガラスでできているため、燃えるゴミで手軽に捨てることができるのはごく一部のみです。

 

基本的には、粗大ごみとして、自治体の指示に従って処分することになります。
捨て方を間違えると、いつまでもゴミステーションに置かれたまま‥といったことになりかねないので注意が必要です。

 

 

【分別・処分が面倒な場合】自宅まで回収しに来てもらう方法

 

かさばるアウトドアグッズの処分が面倒な場合は、一括で回収してもらえる不用品回収業者へ依頼できます。

不用品回収業者の場合は、自宅まで専門スタッフが回収に来てくれるため面倒な分別作業が必要なく、あっという間に搬出が終わってしまいます。

 

回収にあたって費用が発生するので、事前に見積もりを取ったうえで、自分で処分するのか回収してもらうのか検討してみることをオススメします。

 

ページトップへ